FC2ブログ

【研修会】臨床の疑問を解決しよう会

c4efb184.jpg

aa4b70a4.jpg

今週は、「臨床の疑問を解決しよう会」(東京)が主催する研修会に参加してきました!
今回は「嚥下と発声」という、理学療法士としては馴染みの薄い領域の勉強会でした。

少しくらいどこか痛くても、他の部分でかばってどうにかなることが多いですが、栄養を摂るための食事、コミュニケーションのための発声は、どちらも代用手段が少なく、生きることそのものに直結する内容なので、とても重要です。
どういう姿勢だと食べ物が飲み込みやすいのか、どんな条件だと声を出しやすくなるのかなど、姿勢を変えたり筋肉に刺激を入れたりして実際に体験してきましたが、健常な若い人でもけっこうな差が出て驚きました。
目で見た情報や手で触った感触など、実は日頃当たり前のように感じている情報がいかに大切かを再確認できました。
QOLや健康寿命に直結する内容ですので、整形外科での日々の仕事での介入は難しいですが、意識の隅に置いておければと思います。

【研修会】進化の過程からみる機能解剖学&歩行

昨日は、中村尚人先生の勉強会に参加してきました。
「進化の過程からみる機能解剖学&歩行」というテーマで、生物の進化や社会の変遷に伴った"ヒト"という生き物のあり方について、とても楽しく教えて下さいました。
097.jpg

骨格から動きの特性を見つけることや、動きやすい位置、力の抜ける位置を見つけることなど、日々実践していることの延長のようで、実際は踏み込み足りていなかったことを実感しました。
原理原則をたくさん学ぶことができましたので、日々の仕事でもどんどん使って自分の物にしていけたらと思います。

099.jpg
また、ヨガのワークショップにも初めて参加してきました。

身体の硬さもあり、ポーズの雰囲気を似せるだけで精一杯でしたが、やったあとはスッキリして清々しい気持ちになりました。
海外では、ヨガも科学的な裏付けのあるセラピーの一つとして扱われていますが、日本ではまだまだマイナーなジャンルのものとなっているのが現状のようです。
時間のある時に、そちらも色々勉強していきたいと思います。

098.jpg

【研修会】臨床の疑問を解決しよう会 高次脳機能

FB_IMG_1456115242717.jpg

今週は、「臨床の疑問を解決しよう会」(東京)が主催する研修会に参加してきました!
今回は「高次脳機能を運動療法で考える」という難しいテーマで、人が動くしくみを脳の働きから掘り下げていきました。

脳卒中などで脳の働きが障害されてしまうと、当たり前のように見たり感じたりしている事を、うまく情報処理できなくなってしまいます。
脳は運動の命令を下すだけでなく、物の使い方や物との距離感など、様々な情報をうまく連携して動きをコントロールしていますので、効率的な動きができなくなってしまいます。
脳を運動で回復させることは難しいですが、自分の身体の状態が分かるように身体の緊張を整えるだけでも、自然と動きやすくなったりすることを色々な実技を通して体験してきました。

実際に患者さんをお招きして1時間半ほど治療を行う様子も見学させていただきましたが、自分なら何ができるか、じっくりと考えるいい機会になりました。

今週もありがとうございました!

【研修会】 体幹のセンタリングアプローチ

FB_IMG_1455446866707.jpg

FB_IMG_1455446841202.jpg
今週はTotal Approach研究会が主催するセミナーに参加してきました。
今回はの山本尚司先生が「体幹のセンタリングアプローチ」というテーマについて講義をしてくださいました。
体幹機能やインナーマッスルに関しては最近耳にする機会も増えてきたかと思いますが、スポーツ業界だけでなく、中高齢者のトレーニングに対してもとても効果的だったりします。

姿勢をコントロールする上で、固めるだけでは動けなくなってしまいますので、しなやかに伸び縮みして色々な動きに適応できることがとても大事です。
丹田を意識したり、軸を通すようなイメージで関節を誘導したりしてみましたが、感覚的な部分はやはり難しく、まだまだ練習が必要だと感じました。
普段あまり行わないアプローチ方法も聞くことができたので、使えそうな場面では生かしていけたらと思います。

まだまだ寒暖の差が激しいですから、体調管理に気を付けていきましょう!
今週も頑張ります!


【研修会】 日本キネティックセラピスト協会 「PTOT特別講習」

56.jpg

本日は日本キネティックセラピスト協会主催の「PTOT特別講習会」の3回目で、当院から3名が参加し、無事に修了証をいただいてきました。

脊柱を中心とした全身関節に対する徒手療法など、いつものものとは少し違う視点・手技でのアプローチですが、基本となる姿勢や動作がどう変わったかという評価が大前提というのは変わりないようでした。

動かし方や、押し加減など、身体で覚える内容が多いので、定期的に復習しながら、日々の仕事にも生かしていきたいと思います。
プロフィール

リハビリスタッフ

Author:リハビリスタッフ
浜本整形外科医院

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク