春⑦

バラのアーチのつぼみが徐々に開き始めました
IMG_0455_R.jpg


奥まで伸びています
IMG_0456_R.jpg

バラだけではなくつつじもきれいです
IMG_0457_R.jpg
玄関の横に咲いています

花が咲く時期です
もう少しでもっときれいになりそうですね
スポンサーサイト

春⑥

バラのアーチが順調に育っています
IMG_0453_R.jpg
両側に伸びてきました

つぼみも膨らんでいます
IMG_0454_R.jpg

正面玄関側のアーチはもう花が咲いてきました
IMG_0451_R.jpg
IMG_0449_R.jpg

つぼみもたくさんあります
去年の様にきれいにたくさん咲いてくれるといいですね

春⑤

暖かい日が続いています
これくらいだと過ごしやすいです


隣の幼稚園ではこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます
IMG_0442_R.jpg


子供たちが作ったこいも泳いでいます
IMG_0443_R.jpg

季節を感じられていいですね


バラもまた少し開きました
IMG_0446_R.jpg
あまり変わってないでしょうか?

春④

薔薇のアーチのつたが伸びてきました
IMG_0444_R.jpg


つぼみも大きくなっていています
IMG_0433_R.jpg
下からピンクの花びらがのぞいています
もうすぐですかね


玄関横のアーチもつぼみが徐々になってきています
IMG_0435_R.jpg


IMG_0437_R.jpg


奥には藤の花が咲いています
綺麗な藤棚です
IMG_0439_R.jpg

花はきれいな薄紫色です
IMG_0440_R.jpg


ハチのような蜜を吸う虫がたくさん飛んでいます
IMG_0441_R.jpg

きれいで和みますね

【研修会】 アレルギーと自律神経の評価と治療

13000185_954389294680415_5152943058478704829_n.jpg

本日はメディカルリハビリテーションが主催する勉強会で、アレルギー専門の整体院を営む及川文宏先生が「アレルギーと自律神経の評価と治療」というテーマで話をしてくださいました。
自律神経は睡眠・血圧・呼吸・発汗など、身体の恒常性を維持する上でとても重要な役割をしていますが、姿勢や循環不良などで自律神経の働きが障害されている人は、それらを改善する事で症状の改善が見込めるとの話でした。

今まで自律神経そのものに対して深く関わることはありませんでしたが、見過ごしていた症状がそういったものに起因するものであった可能性を知ることができました。
急な症状の変化や日々の体調不良などを関係ないものと判断せず、色々な視点から危機回避や生活改善に働きかけていけたらと思います。

春③

暖かくなってきましたね
庭の花壇がにぎやかになってきました
IMG_0426_R.jpg
花も咲きだしてきれいになってきています


新しい大きなバラのアーチは、つたが伸びてきています
IMG_0429_R.jpg
花はまだ小さなつぼみがついているだけですが、これからどんどん大きくなるでしょう

窓には緑のカーテンを出来る予定です
IMG_0431_R.jpg
去年はアサガオでしたが、今年は違います

IMG_0432_R.jpg
名前はまだ分かりません
調べておきます
小さな花が咲くようですので楽しみです

今日は暑いくらいですね
植物がぐんぐん育ちそうです

【研修会】ISRセミナー

9000002.jpg
株式会社GLAB
http://www.glabshop.com/

9000001.jpg

本日は、株式会社GLABが主催する「ISR(組織間)リリース」セミナーの第1回目でした
ISRリリースとは、広島国際大学の蒲田和芳が提唱する関節疾患の治療概念「リアライン・コンセプト」に基づいた、姿勢を整える上で阻害因子となる、筋膜や組織間の滑走性を改善させるための技術の一つです。

指先の感覚情報をもとに硬さや潤滑の悪さなどを判別し、適量な刺激を入れることでそれらを改善させていく流れでしたが、全てを判別する上で基本となる、指先の感覚や力加減の調整がとても繊細で、難しく感じました。
硬いようで痛くなかったり、硬くないけど痛かったり、場所ごと刺激の強さに対する反応も違うので、技術としての定着にはまだまだ練習が必要そうです。
次回は5月22日に2回目がありますので、しっかりと練習し、見つかった疑問点も含めしっかりと勉強してきたいと思います。

【研修会】 荒砥会4月研修会

本日は、今年度から立ち上げた新人セラピスト向けの勉強会「荒砥会」の4月研修会が開催されました。
外部の人を呼び込んだ勉強会の講師役ということで緊張もありましたが、どうにか無事終えることができました。
骨がどんな形をしていて、関節がどのように動くのかということについて、じっくりと5時間かけて勉強していきました。

1459677276881.jpg


講義では固い空気になっていましたが、実技が始まると雰囲気も砕け、参加者同士お互いの体を使って身体の動きや反応を確認していきました。
当院スタッフたちも、院内の勉強会とは違った雰囲気に戸惑いつつ、色々と刺激を受けた様子でした。


1459677300269.jpg

1459677273260.jpg
プロフィール

リハビリスタッフ

Author:リハビリスタッフ
浜本整形外科医院

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク