【研修会】臨床の疑問を解決しよう会 高次脳機能

FB_IMG_1456115242717.jpg

今週は、「臨床の疑問を解決しよう会」(東京)が主催する研修会に参加してきました!
今回は「高次脳機能を運動療法で考える」という難しいテーマで、人が動くしくみを脳の働きから掘り下げていきました。

脳卒中などで脳の働きが障害されてしまうと、当たり前のように見たり感じたりしている事を、うまく情報処理できなくなってしまいます。
脳は運動の命令を下すだけでなく、物の使い方や物との距離感など、様々な情報をうまく連携して動きをコントロールしていますので、効率的な動きができなくなってしまいます。
脳を運動で回復させることは難しいですが、自分の身体の状態が分かるように身体の緊張を整えるだけでも、自然と動きやすくなったりすることを色々な実技を通して体験してきました。

実際に患者さんをお招きして1時間半ほど治療を行う様子も見学させていただきましたが、自分なら何ができるか、じっくりと考えるいい機会になりました。

今週もありがとうございました!
スポンサーサイト

【研修会】 体幹のセンタリングアプローチ

FB_IMG_1455446866707.jpg

FB_IMG_1455446841202.jpg
今週はTotal Approach研究会が主催するセミナーに参加してきました。
今回はの山本尚司先生が「体幹のセンタリングアプローチ」というテーマについて講義をしてくださいました。
体幹機能やインナーマッスルに関しては最近耳にする機会も増えてきたかと思いますが、スポーツ業界だけでなく、中高齢者のトレーニングに対してもとても効果的だったりします。

姿勢をコントロールする上で、固めるだけでは動けなくなってしまいますので、しなやかに伸び縮みして色々な動きに適応できることがとても大事です。
丹田を意識したり、軸を通すようなイメージで関節を誘導したりしてみましたが、感覚的な部分はやはり難しく、まだまだ練習が必要だと感じました。
普段あまり行わないアプローチ方法も聞くことができたので、使えそうな場面では生かしていけたらと思います。

まだまだ寒暖の差が激しいですから、体調管理に気を付けていきましょう!
今週も頑張ります!


野球肘検診

2/6(土) 西ヶ谷球場で少年野球肘検診が行われました
静岡県臨床整形外科医会が主催で、整形外科医と理学療法士が参加しました

当院からは4名の理学療法士が参加しました

野球肘は小学生高学年に多く発生します。早期に発見して早期に治療する
ことがとても重要です。

まずは理学療法士が話を聞き、痛みがないか、動きが悪くないかなどのチェックをします
IMG_0302_R.jpg


その後、静岡市内の整形外科医がエコーで異常がないかを検査します
IMG_0306_R.jpg

4台のエコー検査機械で約100人の肘を検査しました
IMG_0313_R.jpg

今後は毎年行う予定です

芝生の庭

しばらく改修をしていた芝生の庭ですが
少しづつ完成に近づいてきたようです

全体像です
右側がリハビリ室側です
IMG_0289-2_R.jpg

リハビリ室の自転車前には花壇ができました
IMG_0291-2_R.jpg
これから植えてある木や花が大きくなってくるでしょう


ここはバラの棚です
IMG_0290-2_R.jpg
全体的に咲くには時間がかかるのでしょうね
大きな棚です


リハビリしながら庭が眺められます
この花が全部咲いて、木が大きく育つとどんな庭になるのでしょう
早く花の季節が来るといいですね
楽しみです

第17回 静岡県理学療法士会公開講座

昨日、焼津市文化センターにて第17回静岡県理学療法士会公開講座が開催され、当院の理学療法士も運営スタッフとして参加してきました。
運営スタッフの集合写真の中から見つけられますでしょうか?

FB_IMG_1454248407563.jpg


FB_IMG_1454248418359.jpg

常葉大学の青田先生の健康幸福寿命に関する講和に続き、しぞ~かでん伝体操、セミナー、体力測定、リハビリ個別相談など、色々な催し物が行われていました。
熱心に色々質問してくださる方も多く、参加された方々の健康意識の高さが伺えました。
色々と忙しくて疲れましたが、周りのスタッフの方々とうまく連携して頑張れたように思います。

次回は2月28日(日)に、静岡市の"もくせい会館"で「第18回静岡県理学療法士会公開講座」が開催予定です。
お時間のある方は、ぜひとも足をお運びください。


プロフィール

リハビリスタッフ

Author:リハビリスタッフ
浜本整形外科医院

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク