FC2ブログ

イルミネーション完成

イルミネーションが完成しました

全体です
IMG_0226_R.jpg


ここには天使とトナカイさんがいます
IMG_0227_R_20151222145854e6b.jpg

ここはミッキーのサンタさんが梯子を登っています
下の方はカラフルなLEDです
IMG_0230_R.jpg


ここは私が一番好きな飾りです
いろいろな色できれいです
IMG_0231_R.jpg


看板横では、雪だるまなどの飾りでお出迎えです
IMG_0232_R.jpg


側溝にはスペースがあるのでトナカイさんと雪だるまが見守っています
IMG_0234_R.jpg


すごくきれいです
写真だとちょっとわかりにくいので、ぜひ見に来てください
スポンサーサイト

【研修会】 臨床の疑問を解決しよう会 運動分析

81ea162f-s.jpg


今週は、東京で開催されました「臨床の疑問を解決しよう会」が主催する研修会に参加してきました!
今回は歩行や移乗動作をテーマに掲げ、評価から原因を考え、治療へ展開してく流れを勉強していきました。
歩行は、生活の中で最も頻繁に使用される移動方法であり、生命予後との関連性も研究発表されるほどに重要なものですので、ぜひとも自分のものにしておきたい内容です。

ペアの人の歩行をチェックし、一般的に言われる正常な歩行の様相との違いや、左右で足の使い方の違いを比較し、その原因を全身の中から見つけていく作業を行っていきました。
違いは見つけられても、全身との繋がりを捉えきれず、中途半端なアプローチになってしまうことが多かったです。
経験年数7年目の先生がペアだったので、色々とアドバイスもいただけましたので助かりましたが、勉強不足・経験不足を改めて痛感しました。
整形外科のクリニックでは移乗動作の介助を行う機会が少ないですが、移乗動作の誘導も必要なスキルですので、重ねて練習に励みたいと思います。

今年最後の勉強会でしたが、今年も一年有意義な時間を過ごすことが出来ました。
また来年も勉強して、現場での仕事に活かしていきたいと思います!

【研修会】臨床で捉える動作特性と理学療法

今週はTotal Approach研究会が主催するセミナーに参加してきました。
今回はセラ・ラボの安里和也先生が「臨床で捉える動作特性と理学療法」というテーマについて、色々な視点から分かりやすく話をしてくださいました。

FB_IMG_1450067142217.jpg
FB_IMG_1450067154124.jpg

同じような仕事をしている人で、同じように膝が痛くても、関節や筋肉の質や本人の性格も全く違うので、それぞれの人の動きの特徴を捉え、その人の根本的な症状の原因を見つけることがとても大切です。
口にするのはとても簡単ですが、実践し続けるのはとても難しいです。。。
安里先生の知識と経験に基づく、動き捉え方についてのエッセンスをいっぱい盛り込んだ今回の勉強会は、自分の中で足りないものを見つめ直すいい機会になったように思います。

クリスマスの飾り②

前回に引き続きクリスマスの飾りを紹介します!
リハビリ室内が一気にクリスマスモードになったことにお気づきの方も多いと思います。


昨年も飾ってあったサンタクロースです。
このサンタクロースは音に反応して動きだします!
とっても可愛らしいのでぜひ見て下さい。

IMG_0218_R.jpg
こちらは待合室から見えますのですぐに気づかれたと思いますが、サンタクロースとトナカイがいます。
窓ガラスにスプレーで吹きかける飾りです。
下に貼ってあるシールは街並みになっていますので、空を飛んでいるサンタクロースになっています!
よく見てみて下さい。

IMG_0222_R.jpg
その他にも様々なところに飾ってありますので、探してみて下さい。

クリスマスの飾り

世の中がクリスマスに染まってきました

当院も少しずつ飾りが増えています

自動扉の前にはクリスマスリースが
IMG_0211_R.jpg


玄関横にはプレゼントの飾りが
IMG_0212_R.jpg


これだけでも楽しい気分になりますね


ところで

月曜日に埋めた駐車場の穴ですが
車に踏み固められこうなりました
IMG_0214_R.jpg

大きい穴
IMG_0213_R.jpg

またへこんでしまったのでもう少し埋める必要がありそうですね

【研修会】 関節運動を考える会 膝アドバンス

神奈川の平塚で開催されました「関節運動を考える会」へ参加してきました。
今回は「膝関節」をテーマに掲げ、6時間たっぷりと膝関節について勉強してきました。

FB_IMG_1449985845205.jpg

皮膚の表面から骨や筋肉の配置を確認してそれをペンで描いたり、痛みのある場所や関節の位置をチェックしてその関係を考えたりと、普段やっていることの内容を、より濃密かつ正確に捉えていくような内容でした。
触ることも見ることも、経験を重ねればより繊細に区別ができるようになり、より的を絞った治療手技を提供できると思いますので、常日頃からもっと丁寧に行っていこうと、再確認できました。

FB_IMG_1449985873133.jpg

駐車場の穴

芝生広場の整備をしています

そこで余った土で、職員用駐車場に開いている穴を埋めました


これが穴
IMG_0203_R.jpg

ここも
IMG_0202_R.jpg

ここは車が必ず通る場所なので大きいです
IMG_0207_R.jpg


これを一輪車とスコップを使って埋めました

こうなりました
IMG_0208_R.jpg

大きい穴はこう
IMG_0209_R.jpg


雨の日は少しよいはずです
どれくらいもつでしょう?
プロフィール

リハビリスタッフ

Author:リハビリスタッフ
浜本整形外科医院

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク