6月の院外勉強会

IMG_6313_R.jpg

6月は「股関節の触診と関節の動かし方」をテーマに、1日勉強会を開催いたしました!
痛みの出やすい腰部と膝関節の間にある股関節は、とても重要な役割を持っています。
先週末は台風の到来も危ぶまれましたが、なんとか天候にも恵まれ、無事に勉強会を終えることができました。

ちなみに、写真の中に当院スタッフが2名おりますが、見つけられますでしょうか?
スポンサーサイト

ロボット

定期購読している雑誌『理学療法』の32巻10号は「理学療法におけるロボットの活用」という特集でした
ロボットというとこういうのを想像してしまいます
ロボ_R


こういうのが人を触ってリハビリを行う、と考えてしまっていました


実際はHALのようなロボットが実用化されています
HALとはHybrid Assistive Limbの略で、筑波大学発のベンチャー企業であるCYBERDYNE社が開発した人間装着型の外骨格型のロボットスーツです
ロボ3_R


トヨタやHONDA等からも販売されているようです
ロボ4_R
ロボ2_R

これらは、下肢の筋力が低下している方や麻痺のある方等の歩行練習に使用されるようです


その他には義手や義足、自立支援型や介護支援型のロボットも開発されています

これからどんどん色々なロボットが開発されていくのでしょう

人間では不可能な事をロボットに任せて、今まで出来なかったようなリハビリができてくるといいですね

【研修会】 アレルギーと自律神経の評価と治療

13000185_954389294680415_5152943058478704829_n.jpg

本日はメディカルリハビリテーションが主催する勉強会で、アレルギー専門の整体院を営む及川文宏先生が「アレルギーと自律神経の評価と治療」というテーマで話をしてくださいました。
自律神経は睡眠・血圧・呼吸・発汗など、身体の恒常性を維持する上でとても重要な役割をしていますが、姿勢や循環不良などで自律神経の働きが障害されている人は、それらを改善する事で症状の改善が見込めるとの話でした。

今まで自律神経そのものに対して深く関わることはありませんでしたが、見過ごしていた症状がそういったものに起因するものであった可能性を知ることができました。
急な症状の変化や日々の体調不良などを関係ないものと判断せず、色々な視点から危機回避や生活改善に働きかけていけたらと思います。

【研修会】 荒砥会4月研修会

本日は、今年度から立ち上げた新人セラピスト向けの勉強会「荒砥会」の4月研修会が開催されました。
外部の人を呼び込んだ勉強会の講師役ということで緊張もありましたが、どうにか無事終えることができました。
骨がどんな形をしていて、関節がどのように動くのかということについて、じっくりと5時間かけて勉強していきました。

1459677276881.jpg


講義では固い空気になっていましたが、実技が始まると雰囲気も砕け、参加者同士お互いの体を使って身体の動きや反応を確認していきました。
当院スタッフたちも、院内の勉強会とは違った雰囲気に戸惑いつつ、色々と刺激を受けた様子でした。


1459677300269.jpg

1459677273260.jpg

第6回 浜本整形外科セミナー

「さらば!膝の痛み   軟骨のひみつ!?」

3月26日(土)に佐藤卓哉先生が変形性膝関節症について
セミナーを行いました。
IMG_0395.jpg
IMG_0397.jpg

中村先生の面白い小話もありましたね。

IMG_0401.jpg

佐藤先生は本番に強いのか今まで聞いてきた発表の中で一番の出来だと僕は思いました。
来て下さった方々と一緒に運動を行ったり、軟骨クイズがあったり、とても明るい雰囲気で行われました。

今回紹介した運動を是非行ってみて下さい!!

忘れちゃったよ。。。という方
詳しく教えてほしい!!という方
佐藤先生またはスタッフに聞いて下さいね♪

次回発表も楽しみですね!!
期待してまちましょう(^^)/




プロフィール

リハビリスタッフ

Author:リハビリスタッフ
浜本整形外科医院

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク